かつらの激安店を探すには|自信を取り戻そう

ヘアサイクルとの関連性

髪の毛

発毛とのバランス

一時的な抜け毛と薄毛につながる抜け毛の違いですが、人間の頭髪は1日に50本〜100本近く抜けていきます。これが一時的な抜け毛で、薄毛になる場合というのは、発毛とのバランスが悪くなった状態です。頭髪にはヘアサイクルがあり、髪の毛が発毛する「成長期」と成長が止まる「退行期」、髪の毛が抜け落ちる「休止期」とに分かれています。通常はバランス良くヘアサイクルが繰り返されますが、薄毛というのは、発毛とのバランスが悪くなった状態を言います。バランスが悪くなる原因には、頭皮のトラブル、食生活の乱れ、睡眠不足、過剰なストレスなどがあげられます。これまでの生活習慣を見直すことで、抜け毛を少なくすることができるかもしれません。

生活習慣の見直し

まず、頭皮になんらかのトラブルが出ている場合は、自分一人でなんとかしようなどと考えずに皮膚科などに通う必要があります。食生活が乱れている場合は、できるだけ髪に良さそうな成分が含まれた食材を食べるようにしましょう。睡眠不足も抜け毛が増える原因になりますから、夜はぐっすり眠ることです。長時間眠ることよりも、短時間でもぐっすり眠るようにする、眠りの質が重要です。ストレスも、スポーツをするとかカラオケに行くなどして、上手に発散する方法を見つけることでしょう。ほかには、定期的に頭皮のマッサージを行うなど、髪に良いことはなんでもやってみてください。一つ一つの薄毛になりそうな原因を見直し、改善することでヘアサイクルを元の良好な状態に戻すことができるでしょう。